【Twitter戦略】量か。質か。自分なりに考えてみました。

2020年1月12日

 

 




皆さん、Twitter頑張っていますか?自分は最近超頑張っています。毎日10ツイート以上を1ヶ月間続けています!


是非フォローよろしくお願いいたします。


さて、今回はTwitterでよく見かける「ツイートは量か質か。」問題。これについて自分なりに考えをまとめてみましたので時間があれば是非御覧下さい。

 

 

 

量をこなすメリットとデメリット




まずは、量をこなすメリットとデメリットについて考えていきたいと思います。


まず量をこなすとは根本的にどうゆうことなのか。


自分の好きなこと、今思っていることなど自分がツイートしたい事をたくさんツイートする事です。


なので、メリットとして、自分の好きなことだけかく書けるので、気持ちがいいし、楽しいので長続きします。


自分の好きなことをつぶやくので永遠にネタが思い浮かびますよね!



反対にデメリットとして、有益な情報をではないという事が挙げられます。自分の好きなことが好きな人など、フォロワーの1割もいないわけです。(しっかりプロフィールに書いてそのような属性のフォロワーを集めていれば話は別ですが、。)


ほとんどのフォロワーは有益な情報が欲しいわけです。別にあなたの愚痴大会を見に来ているわけではありません。そのようなことが許されるのは芸能人と可愛い子だけです(笑)。

 

質を高めるメリットとデメリット




続いては質をこなすメリットとデメリットについて考えていきたいと思います。


質を高めれば、フォロワーもとても満足し、フォロワーもどんどん増えていくに違いありません。質を高めればその分時間もかかり、フォロワーに有益な情報を与える事ができます。

しかし、こんな毎回毎回質の高いツイートをする事ができると思いますか?質の高いツイート量をこなすツイートよりも時間がかかります。


また、毎回ネタを探さなければいけないので、長続きする可能性が低いです。



 

質を高めても、見てもらわなければ意味がない。

 

 

Twitterの最初のフォロワーは誰でも0人です。なので、フォロワーを集客する必要があります。


いくら質を高めたとしても見られなければ意味がありません。フォロワー0人でツイートをすると言う事は、無人島で一人でひたすらに叫んでいる事と同じです。それでもあなたは質の高い有益な情報をつぶやきますか?

 

結局どうしたらいいの?




僕の考えでは、フォロワーをある程度増やしてから有益な情報をバンバンツイートする。当たり前のことだけどこれが結構重要だったりします。


無人島で1人で叫ぶよりも、ある程度人が集まている状況下で叫んだ方が口コミなどで拡散されてファンも増えると思います。


結論は、質も大事だけど、見られないと意味がないので、量をこなしてから質もこなせという事になりました。


あくまでも個人的な意見なので、反論もあると思いますが1人の意見として参考にしていただければ幸いです。